コレクション:

酔鯨

 

蔵の概要

高知県を代表する酒蔵の1つ。
その社名の由来は、幕末の重要人物の一人であり、お酒をこよなく愛した土佐藩主 山内容堂侯の雅号「鯨海酔侯」から名を取り、太平洋を悠々と泳ぐ海の王者を表現しております。 

酒造りの特徴

酔鯨のふるさと高知県は昔から新鮮なお料理と合わせてお酒を楽しむことが基本でした。私たちはそのような高知県のお酒の特徴である”食中酒”をさらに追及して「香りおだやか」で「キレがあり」ながら「旨味をしっかり出す」芳醇辛口な酒造りの技術を磨いてきました。

酔鯨の食中酒は、みなさまの日常の食卓にも、特別な日の食卓にも寄り添い、お料理の良さを引き出しながら宴の始まりから終わりまで杯を重ねられるお酒に仕上げています。

出展:酔鯨酒造さま提供資料及び公式サイトより

2個の商品